【組み立て済】アームシェルチェアを並んで称される、イームズ夫妻デザインのサイドシェルチェア。エッフェルベース。アウトレットではありません。/【楽●天ランキング1位】イームズデザイン DSWチェア Charles & Ray Eames【イームズ イームス】※

価格:¥9345- カードOK 送料込 税込み


■商品コード:prs:10000266
メモ座面の細かい質感等は、DSRのページでご確認いただけます。イームズの代表作であるシェルチェアの中でも有名な、DSW(ダイニングハイ サイドチェア ウッドベース)と呼ばれるダイニングチェアです。海外はもちろん国内でも有名すぎるほど有名で、別名『スクープ(アイスクリームをすくうスプーンのこと)』とも呼ばれるプラスティックを一体成型した座面や、ワイヤーの複雑な組み合わせで成型された『エッフェルベース』という脚の形を、あなたもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。一人掛けチェアとして使えるのはもちろん、食卓を囲むダイニングチェアとしても華やかで、来客に自慢できることでしょう。プラスティックを一体成型した座面は身体にフィットする形状をしているので長時間座っていても疲れません。パソコン用チェアとしても最適な仕様となっています。サイズ幅/46.5cm 奥行/55cm 高さ81cm座面までの高さ/45cmカラーホワイトブルー 生産終了レッドグレイブラックライム (2008年3月 新色)素材シート/ABS樹脂脚部/ビーチ材(ブナ)ウレタン仕上げ ワイヤーベースもあります。イームズデザイン DSRチェア >>> デザイナーCharles & Ray Eames /チャールズ&レイ イームズ備考こちらのチェアは完成品(組み立て済み)です 裏面から強固に脚部を固定しているため、チェア座面に画像のような凹みが見られる場合がございますが、不良ではございませんので予めご了承ください。 離島への送料に関して離島・沖縄への発送は別途お見積もりとなります。(船便を何回使うかにも因りますが、沖縄への送料は平均して1脚あたり5,000円前後です、少々割高となってしまいますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます)ご購入後のサポート保障期間:1年間品質には万全を喫しておりますが、万が一通常の使用で商品が破損した場合には1年以内でしたら修理、交換をさせていただきますのでご安心ください。 店舗名を間違えて検索してこられたお客様用JパルスJバルスJパレスジェイパルスジェイバルスジェイパレスイームズ DSWチェア Charles & Ray Eamesこのイームズ DSWチェアは、イームズの代表作『アームシェルチェア』のバリエーションとして製作されました。別名『スクープ(アイスクリームをすくうスプーンのこと)』とも呼ばれるこの座面や、ワイヤーの複雑な組み合わせで成型された『エッフェルベース』という脚の形を、あなたもどこかで目にしたことがあるのではないでしょうか。いまや国内はもとより世界に於いて、あまりに有名で、あまりに合理的な形状をした、あまりに美しいチェアです。◆ イームズ DSWチェア Charles & Ray Eamesの詳細情報イームズ DSWチェア Charles & Ray Eames: CASE01ミッドセンチュリーを代表するデザイナー・イームズ夫妻の、さらに代表作であるシェルチェアー。それがDSWチェアです。イームズのシェルチェアは、1948年当時にニューヨークの近代美術館MoMA(Museum of Modern Art)が行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品され、2位になりました。現在、駅のホームで目にするポリプロピレン製の椅子は、全てイームズのシェルチェアから派生したものです。また、アメリカの空港では高い確率でイームズがデザインしたベンチが使われているのをご存知でしょうか?日本はおろか、世界中で様々なシーンに溶け込んでいることからも、イームズ夫妻の功績の大きさは伺えます。こちらはブラック。吸い込まれるような深く艶のある黒が、お部屋を引き締めます。ウッドの質感も相まって、寛大で男性的な印象。もともと異素材の組み合わせを得意とするイームズ。ワイヤーとウッドの組み合わせは絶妙です。イームズ DSWチェア Charles & Ray Eames: CASE02時代的な背景をナシにしても魅力的なフォルムは、さすがとしか言いようがありません。一人掛けチェアとして使えるのはもちろん、食卓を囲むダイニングチェアとしても華やかで、来客に自慢できることでしょう。プラスティックを一体成型した座面は身体にフィットする形状をしているので長時間座っていても疲れません。パソコン用チェアとしても最適な仕様となっています。カラーはホワイト、レッド、ブルー、グレイ、ブラックの全5色。お部屋の雰囲気に応じて選べます。◆ イームズ DSWチェア Charles & Ray EamesのデザイナーCharles and Ray Eames(チャールズ & レイ・イームズ) いまさら取り立てて説明するのも恥ずかしいほど有名な、ミッドセンチュリー期を代表するデザイナー夫妻。ここで敢えて紹介しておきたいことと言えば、彼らのデザイン理念。すなわち「グッドデザインを安価で誰にでも」。自身の作品が美術品のように扱われているこの現状を、草葉の陰の夫妻はどんな思いで眺めているのでしょうか。◆ イームズ DSWチェア Charles & Ray EamesのF&QQ.ジェネリック製品とは?A.版権期限が切れたオリジナルデザインを元に忠実に再現された『復刻版』のこと。こちらの商品は『ジェネリック製品』になります。これは要するに、著作権が切れた製品の『復刻版』のことです。例えばこのイームズ DSWチェアは著作権がすでに切れているため、市場に出ているDSWチェアはどこのメーカーのものも全て「ジェネリック製品」になります。Q.品質は大丈夫?A.素材を含め、耐久性のある高品質をお約束します。オリジナルのイームズDSWチェアには『FRP(グラスファイバー:ガラス繊維強化プラスチック)』という素材が使われていました。ただ、この素材は壊れにくい反面、再利用が不可能なため生産が中止となりました。現在、もともと版権を所持していた『ハーマンミラー社』『ヴィトラ社』(もともとこの2社製のチェアのみ「本物」と呼ばれていました)はポリプロピレンを、当製品はABS樹脂を使っています。どちらもプラスティックと呼ばれる素材であり、大差はありませんが、ABS樹脂のほうが当時のFRP製DSWチェアに近い硬度を誇っています。この他は『ハーマンミラー社』『ヴィトラ社』製のイームズDSWチェアと、素材や品質の面で大差はありません。Q.なぜ安いの?A.人件費・運送費が安いからです。このイームズ DSWチェアは『ハーマンミラー社』『ヴィトラ社』のイタリア製DSWに比べ、圧倒的にお安くなっています。それには以下のような理由が挙げられます。・アジアで製造しているので運送費、人件費が安い。・中間業者が少ないので不要なコストがかからない。特に運輸と中間業者にかかる費用は大きくヴィトラ社製DSWも、国内の相場は約3万円ですが、現地では輸送費等がかからないので145ドル(約1.7万円)で手に入るショップもあります。当商品の価格は、素材に手を抜いたのではなく、徹底的な不要コスト削減の結果です。Q.具体的に、どこで作っているの?A.製造は全て中国で行っています。商品の製造に当たり、40社近くある中国の家具製造業者を一社ずつ調査し、アメリカ、オーストラリア、日本などに高い輸出実績を持つ企業を選びました。この企業はニューヨークにある家具会社White Fuaniture Industries(ホワイトファニチャー社:右写真)の子会社でもあり、商品の生産・仕上げともに現行の中国工場ではトップクラスの生産ノウハウを持っています。「私たちが一番大切に考えているのは『品質』であり、これがハーマンミラー社などのイタリア製品と同等またはそれ以上でなければ、お客様に販売する意味はないと思っています」とは製造メーカーの言葉。中国製と聞くと品質を疑ってしまいますが、信頼のおけるクオリティーを保証しますので、どうかご安心下さい。


レビュー平均:4.41
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター